お仕事に疲れた時

仕事中、急に頭が回らなくなってきた!その原因と「3つ」対策、防止するための方法を解説します!

仕事頭が回らない

あなた
あなた
時々、普段やれている仕事が急にできなくなったり、考えがまとまらず、頭が回らないと感じることがあります。

くろおび
くろおび
多忙な日々を送っていると、ふとそんな瞬間がありますよね。今回は原因と対策をお伝えします。

こんな悩みが解決できます!
  • 仕事中、会話についていけなくなることがある
  • 頭を働かせようとしても考えがまとまらない
  • 頭がぼーっとして集中することができない

上記のような悩みに対して、本記事では以下の内容を解説します。

  1. 仕事中に頭が回らなくなる原因について
  2. 手軽にできる対策「3選」
  3. 未然に防止すための方法

やらなくてはいけない仕事があるのに全然集中することができない会話の内容に追いつていけないと感じたことがないでしょうか?

仕事中に頭が回らなくなるのには、ちゃんとした原因が存在しています

理由を把握して対策することでいつもの通りのパフォーマンスで業務に取り組むことができるようになるはずです。

私自身、実践している対策を併せて解説していきます。

ぜひ、本記事を参考にして頭が回らない!という状態を解消しましょう!

仕事中に頭が回らなくなる原因について

あなた
あなた
なんで、いきなり頭が回らなくなってしまうのでしょうか。

くろおび
くろおび
考えられる大きな原因は、休養不足とストレスにあります。

睡眠不足

原因の一つとして、睡眠時間が足りていないということが考えられます。

頭が回らないということは、脳が正常に働いていないということ。

睡眠は日常生活で、唯一脳を休息させる時間です。

適切な睡眠時間が個々によってばらつきがあります。

一般的には6~8時間の睡眠を取ることが推奨されています。

今の自分がどれだけ睡眠時間を確保できていて、十分な休息を取れているか確認してみましょう。

精神的・身体的な疲れによるストレス

他にも、精神的な面と身体的なストレスが原因の場合もあります。

苦痛な仕事や、過度なプレッシャーによるメンタルの崩れ激しい肉体労働による疲れが頭が回らないという状況に繋がる可能性があります。

脳はの働きとして「自律神経」というものが存在します。

大きく分けると「交感神経」「副交感神経」という2種類で構成されています。

重要なのは副交感神経が優位な時に脳が休まるということ。

過度なストレスを身体が感じているとこの副交感神経の機能が適切に働かず、常に交感神経が優位な状態になるため、気づかぬうちに脳が常に疲れている状態に陥ってしまっているのです。

適度なプレッシャーの中、積極的に行動することは、自分の成長にとっても良い影響を与えますが、無理のしすぎはパフォーマンスの低下に繋がります。

キャパシティオーバー

自分の許容量を超えてしまう仕事を抱えてしまうと、頭が回らないことが多々あります。

終わっていない仕事があるのにも関わらず、次から次へと仕事が溜まっていき、どれから手をつけていいかわからない!と混乱してしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

キャパシティーオーバーに悩んでいる皆さんへ向けて、私の体験を通じて、実際に効果があった対処法を別の記事で解説しています。

仕事キャパオーバー
仕事のキャパが少ないと感じる…。処理能力を超えると出てしまう悪影響と3つの対処法について解説します。明らかに、自分の手に負えない仕事量を抱えてしまって、体の疲れだけでなく、メンタルも落ち込んでしまっている方へ。必ずしもキャパオーバーは能力不足が原因というわけではありません。今回ご紹介する対処法を参考に、少しでもストレスフリーな状態に近づけていきましょう。...

キャパオーバーに陥った時の対策と未然に防ぐための仕事の管理方法をご紹介しておりますので、こちらも参考にしてみてください!

手軽にできる対策「3選」

あなた
あなた
全然頭が回っていない…どうやって乗り切ればいいんでしょうか

くろおび
くろおび
私が実践している対策「3つ」紹介しますので、自分に合った方法があれば取り入れてみてください!

昼食後15分の仮眠をとる

ランチをとった後に、時間が確保できるのであれば仮眠をとってみてください

一時的に脳を休ませることで、スッキリした感じを得ることができるため午後の業務は集中して取り組むことができます。

私はスマートフォンのタイマー機能を活用してとにかく寝ることに集中しています。

目覚ましを設定しておけば寝過ごす心配もなくなりますので、余計なことを考えず睡眠に集中できます。

机に突っ伏す形ではなく、

  1. 椅子に深く腰をかけて
  2. 少しだけ頭を下げ
  3. 腕は力の入らないように組むようにする

私の場合は、このような体制の方が寝た後に体が痛くなりづらいです。

最初の3、4分は少し落ち着かない感じがしますが、その後はリラックスして睡眠に入ることができます。

少し仮眠を取るだけで、午後のパフォーマンスに大きな影響を与えてくれるので手軽に試すことができます。

同僚を頼って業務を分散させる

多忙になりすぎてしまい手が回らない状態なのであれば、同僚に仕事の一部をお願いしてみましょう。

業務を分散させることで、精神的にも楽になり1つ1つの仕事に集中することができます。

自分の仕事を他に人にお願いするのはちょっと躊躇すると感じてしまう方は、以下の記事を参考にしてみてください。

仕事のお願い
上手に仕事を頼めない原因とは。依頼下手を改善するための『5Step』!お願いするときに注意するべきことを解説します。お仕事をお願いする時に、なんだか悪い気がしてしまい協力を申し出ることに苦手意識をお持ちの方も少なくはないようです。そんな方へ向けて上手な仕事の依頼方法を『5Step』にしてまとめてみました。注意点を併せて解説しますので、悩んでいるかたはぜひ参考にしてみてくださいね。...

私も人にお願い事をするのが得意な人間ではありませんが、必要な時は積極的に頼ったの方が効率良く仕事を進められます。

何より、心理的ストレスの軽減に繋がり、心に余裕が持てる状態となるのが大きなメリットです。

ですので、あまりに忙しい状況が続くのであれば、上手に仕事を振っていくことをおすすめします。

一時的に仕事をストップして頭を整理する時間を設ける

頭が混乱してしまっているのであれば、一度手を止めてみることを試してみてください。

そもそも、人間の集中力は長続きしないようになっています。

完全に止めてしまってもいいですし、落ち着かないようであれば思考力を使わないチェック作業書類整理身の回りの整理整頓をして手だけ動かすような行動を取りましょう。

トイレに立ってみたり少しだけ散歩をするなどしてみるのも効果があります。

私の場合は、コーヒーを飲みながらとラムネを5〜6粒ほどゆっくり食べるようにしています。

みなさんご存知の通り、コーヒーには覚醒作用がありますし、ラムネにはブドウ糖が含まれていますので、脳の栄養となり集中力が高まると言われています。

実際効果がすごい体感できているかと言われれば、そうでもないのかもしれませんが、大切なのは「今リラックスしている」身体に感じさせることです。

一旦、集中しなければいけない業務から手を離して、脳を休ませてあげるようにしてください。

未然に防止すための方法

あなた
あなた
日頃から気をつけることがあれば教えてください!

くろおび
くろおび
とても基本的なことなのですが、つい見過ごしがちなポイントをお伝えします。

生活習慣を見直す

頭が回らない日が続くようであれば、食事・睡眠・運動を見直してみてください

とても基本的なところですが、意識が薄れている場合があります。

特に朝は忙しくてご飯を抜いてしまったり、ついつい夜は仕事のストレスからYouTubeやNetflixなどを見すぎて睡眠時間を少なくしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

朝ご飯は1日活発に活動するために重要なエネルギー補給のタイミングです。必ず取るようにしてください。

朝のスタートが上手くいくと、午後は余裕を持って仕事に臨むことができるようになります。

また、帰った後はスマホやPC、テレビを見る時間を短くして、軽い筋トレやストレッチ10分でも良いので行いましょう。

適度な疲労感は、質の良い睡眠に繋がり効率よく脳を休ませることができますよ。

ついつい忘れがちな生活習慣について、今一度みな直すことをおすすめします。

無理な残業は逆効果

業務が終わらないからといって、夜遅くまで残業を行うのは結果的にパフォーマンスの低下に繋がります。

頭が回らなくなる原因は、脳が適切に休息を取れていないためとお話ししました。

脳をきちんと休ませるためには、副交感神経を優位にさせる時間をしっかりと設ける必要があります。

夕方から夜にかけては、交感神経から副交感神経に切り替わるタイミングなのです。

それなのに、無理矢理頭を頭を働かせようとしてしまうことで気づかぬうちに限界を超えてしまい、慢性化することで、日々の「頭が回らない」状況を作り出してしまいます。

無理な残業で効率の悪い仕事の進め方をするより、最高の状態で日中集中する方が結果的に仕事が片付きます。

終わっていない仕事があっても、一区切りついたらしっかりと退社して心と身体を休ませる時間を設けましょう。

自分が最高の状態で活動できるようにしよう

あなた
あなた
頭が回らないのは、脳が疲れているサインなんですね!

くろおび
くろおび
目に見えない部分なので感じ取りづらいのですが、意識すれば改善可能です!

いかがでしたでしょうか?

今回の内容をまとめると以下の通りになります。

仕事中に頭が回らなくなる原因について
  • 睡眠不足
  • 精神的・身体的な疲れによるストレス
  • キャパシティオーバー
手軽にできる対策「3選」
  1. 昼食後15分の仮眠をとる
  2. 同僚を頼って業務を分散させる
  3. 一時的に仕事をストップして頭を整理する時間を設ける
未然に防止すための方法
  • 生活習慣を見直す
  • 忙しいからと言って無理な残業は逆効果

仕事をしていると、突如訪れる「頭が回らない」「ぼーっとする」という状態。

周りの会話についていけず辛い思いをしたことがある方もいるかもしれません。

原因は、精神的・肉体的ストレスによる「脳の疲れ」です。

ですから、適宜休ませてあげるための行動未然に防ぐために気をつけてあげることを意識してみてください。

常に脳を良い状態にもっていくことで、効率よく仕事を終わらせることができ、ストレスの軽減にも繋がります。

ぜひ、今回の内容を読んでみて取り入れられるものがあればお試しください。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば嬉しく思います。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!